クラミジアはこいつで治せ!抗生物質クラビットの紹介

Woman Taking Pills

レボフロキサシンの効果

two pills on hand

クラビットは、クラミジアをはじめとするさまざまな感染症を治療することができる抗生物質です。気管支炎や肺炎、皮膚炎や中耳炎など、特に炎症を伴う病気に対する効果が高いことが知られています。
クラミジアもまた、感染すると性器や喉に炎症を起こさせる病気であり、クラビットの抗炎症作用が期待できます。

ところで、そんなクラビットは、具体的には「レボフロキサシン」と呼ばれる成分がその働きを担っています。
レボフロキサシンは病気を引き起こす細菌を死滅させる働きを持っています。細菌が死滅することで炎症がおさまり、病気の症状を治すことができるわけです。具体的には、レボフロキサシンは細菌のDNA複製を阻害する働きがあります。細菌は人の体内に入ってくるとDNA複製をくり返して増殖し、炎症などを引き起こします。人間の体内で増殖し、領土をどんどん広げていきます。レボフロキサシンは、細菌が領土を広げていくのを徹底的に防ぎます。
細菌の世界では、DNA複製によって常に新しい個体が生まれて古いものはすぐ死んでいくメカニズムがあります。つまりレボフロキサシンでDNA複製を防げば、古い細菌は新しい個体を残せずにどんどん死んでいくことになります。
こうして、クラビットは私たちの体内からクラミジア菌などをゼロにして、健康体へと戻してくれるのです。